MARNI☆チェック ウールブレンドセーター

MARNI☆チェック ウールブレンドセーター

27450円

MARNI☆チェック ウールブレンドセーター

MARNI☆チェック ウールブレンドセーター:専門家による綿密な購入アドバイスから、各顧客に合わせた個人的なアフターケアまで、 新作多数,【正規取扱店】,88%以上節約MARNI☆チェック ウールブレンドセーター

■ リルケの「ドゥイノの悲歌」と「開かれ」

(20151115) なんとなく詩が読みたいと思って先週借りてあったリルケの「ドゥイノの悲歌」を読んでる。案外覚えてた。大きい数字がきっちり割り切れるところとか、軽業師についての言及とか。以前読んだのは学部の頃だろうか。当然岩波文庫の改版前のものだ。どっかにドイツ語の原書があるのだが、実家だったか?

「ドゥイノの悲歌」の第8悲歌は「動物と人間」がテーマで、「動物にとって開かれている」という表現がハイデガーの批評の対象となったとかは知らなかった。さらにまさにこれをテーマとした「開かれ 人間と動物」アガンベンという本もあることを知った。読めるかどうか分からないが借りてこよう。

『ドゥイノの悲歌』の第八悲歌の解釈 独語独文学科研究年報, 16: 53-66 良い資料も見つかったので、ドイツ語で読むか。(<-ぜったいやらない系)


(20190922) 再び「ドゥイノの悲歌」を読みたくなって、「新訳リルケ詩集」(富岡近雄 訳、郁文堂 2003)を借りてきた。ちょっと積んでおく(読むとは言わない)。つか昔丸善でハードカバーで買ったものだが、今はネットで原文にアクセスできるな。

「ドゥイノの悲歌」は第8章が動物と人間の心について比較しているところがあって、違った方面からも面白いのだった。

Wikipediaの解説を読むと、

作品の基底には「全一の世界」、つまり目に見えるもの・見えないものを含むあらゆる事象が相互に関連し一つの統合をなしているというリルケの考えがあり

とか書いてあって、また繋がったよ!とか思う。(<-Jumping-to-conclusionバイアス)


(20200721) リルケの「ドゥイノの悲歌」が好きで、たまにマイブームが来るのだけど、今回はDeepL翻訳を使って独英対応させながら読んでた。

第8悲歌で動物の意識に言及して「開かれ」Das Offeneという概念が出てくる。新約リルケ詩集(郁文堂)にリルケによる説明(書簡)があった(p.421)。

「動物の意識の程度は、(私たちが為すように)世界をあらゆる瞬間に自己に対置することなく、自己をそっくりそのまま世界の中に置くのです。私たちは、私たちの意識が取った独特の展開と強調によって、世界の前に立っているのです…動物や花はおそらく、自らは全くそれとは理解することもなく、開かれた世界のものであり、そして自分の前に、自分の上にあの名状しがたい開かれた自由を持っているのです。このような自由は、ひょっとしたら初めての愛の瞬間に…そして神への献身のうちに、私たちが(ほんの一瞬の間)その等価物を見出すようなものです」

ハイデガーも「開かれ」という言葉を使っているけど、逆に使っているらしい。「ヴェールを剥ぎ取られた存在を名指す開かれを見ることができるのは、人間だけ、いやむしろ、真の思惟の本質的なまなざしだけである。逆に、動物は、この開かれをけっして見ることがない」(「開かれ」アガンベンp.102より)

意識を考えるにあたって、どこかでこういう「実存」について考える必要があるだろうなあとは思うのだけど、なんかハイデガーのこういうところが馴染めない。リルケの言ってることのほうが理解可能に思う。仏教っぽいからかもしれない。

「開かれ」については「ハイデガーと生き物の問題」(串田 純一)の第3章で「自然全体のただ中で脱抑止の連関にとらわれているものとしての生き物」の関連で言及されている。

「開かれ」についてなんでこだわっているかというと、オートポイエーシスにおけるorganizational closureとどっかでつながらんかなと思っている。


(20220424) 今回は札幌中央図書館で「リルケ全集第4巻 詩集IV」(河出書房新社 1991)を借りてきた。これには「ドゥイノの悲歌」の翻訳に加えて250ページ分の解説がついてる。さて今回はどこまで行けるだろうか。


■ 「バラ園、水平線、おだのぶなが」(さうして、このごろ2021年10月版)

ここが私の好きな場所。工学部前の噴水。弁当買ってきてここで食べたりする。ほんとうは大野池でゆっくりしたいのだけど、あそこは人が多くてベンチも埋まっているいことが多い。

ひさびさに東岡崎駅前に戻ってきた。ここがジョギングしたところ、ここが新しくなっている、とか思いつつ、でもさっぱりエモくならず、感情の平板化を再認識するだけだった。

水平線の距離は4.5kmという話、ウィキペの「水平線」見て計算してみた。[地球の半径R(=6378km)]と[R+身長h]と[水平線の距離x]の直角三角形で x^2+R^2=(R+h)^2 だから、 x=\sqrt(h \cdot (h+2R))\simeq \sqrt(h \cdot 2R)=\sqrt(1.8/1000 \cdot 2 \cdot 6378)=4.8km でもその理屈だと地面に這いつくばる(h=0.2m)と1.6kmになるんだがいいのか?


北大植物園に行ってきた。昨年10/31に行って以来1年ぶり。緊急事態宣言の間ずっと閉館していたので。バラ園では赤いバラがなんか光って見えるのに惹き寄せられた。でもそれは、写真には映らない。あれは、なんでがな あつたらうか?








モデルサイズ:UK38、撮影時の着用サイズはEU48/IT48(UK38/FR48)
身長:189cm、首回り:35cm、チェスト:88cm、ウエスト:76.2cm
標準サイズ
ショルダーはコンフォートフィット、ボディに沿ったフィット
伸縮性のあるコンフォートフィット

☆御こ丹生前に在庫確認を宜しくお願い致します。

MARNI☆チェック ウールブレンドセーター (80571405)

Marni(マルニ)のブラウンセーター。同ブランドならではのコンテンポラリーな感性が宿る、ライムグリーンのチェックで格上げされた定番シルエットの一着です。 バージンウールとカシミアを混紡した、柔らかな肌あたりのブークレブレンドを使用。控えめなハイネックとリブエッジが施され、リラックスシルエットに仕立てられています。イタリア製。 ホワイトシャツとチェックパンツを合わせて、レトロなムードを漂わせて。

カラー: ブラウン
素材: バージンウール 91%、ポリアミド 6%、カシミア 3%
お手入れ方法: ドライクリーニング
イタリア製
中厚手のブークレウールブレンド、ブラウン&グリーンのチェック
ハイネック
リブエッジ


「江別古墳群」 へー北海道にも古墳あるんだと思って読み進めたら「北大医学部陽子線研究施設で発見された古墳」って書いてある!これ仕事場の眼の前なんですけど!調べてみたら、サクシュコトニ川沿いには擦文文化(この言葉もはじめて知った)の竪穴住居とかがある(K39遺跡)。

北大埋蔵文化財調査室というところがニュースレターや詳細なレポートを出している。北大遺跡保存庭園とかもいったことがない。北大内、まだまだ知らないことが多すぎる。


札幌ではここしばらく寒い雨が降る日が続いたけど、今日は快晴で気温も17度くらいまで上がるとのこと。北13条門前のイチョウ並木にも、紅葉を観にきた人たちが今日はたくさんいる。北大のイチョウの最盛期はたぶん来週だけど。今日は私も円山公園にでも行ってこようと思う。

けっきょく出発が15時に。中央図書館に行ってから円山公園まで行って帰ってきた。14kmくらい。もうすっかり日が暮れていたので、円山動物園と円山球場からの下り坂を自転車を押して散歩した。


途中で撮った写真。 私の好きな場所1: 南21条西15交差点。電車事業所への引込線があるため、やたらとたくさん架線があるところがいい。 私の好きな場所2: 北5条西8交差点。サクシュコトニ川の水源を敷地内に持つタワマンのすぐ向こうにラーメン二郎が見える。その取り合わせがなんか味わい深い。


(10/31) 職場の前の北13条門イチョウ並木がいいかんじに紅葉してきた(金曜に撮影)。昨日土曜は紅葉を見に来た人たちで混雑して、まるで観光地のようだった。


「おだのぶなが」を"uwoda"で発音する技法を編み出した。

「どらえもん」をasahi super dryみたいにdryemonと発音する技法も編み出した。

New Radicalsの“You Get What You Give”のPVをひさびさに観て、90年代後半にメンタルタイムトラベルした。戸崎町のTSUTAYAがまだ「ディスクステーション岡崎」って名前で、試聴用のCDプレイヤーが並んでて、賑やかで混んでて、音楽が私にとって重要で、強い力を持っていた。

秋になってふたたびコバエとの闘いが始まったが、寒い季節になったらまったく現れなくなった。でも吉田は今日も生きている。吉田とコバエでは吉田のほうが生命力が高いらしい。よし、来年まで生き抜くぞ!

Turtle (タートル)もTortoise (トータス)も亀感あるけど(音韻的な意味で)、Terrapin (テラピン)って亀っぽくなくない?もっと平べったくて、流線型で、水を切って速く泳ぎそうな感じがするんだけど。


■ 「細胞外電極はなにを見ているか」をちょっとアップデート

昔作った「細胞外電極はなにを見ているか」をぜんぶ繋げ直してアップデートしておきたい。

MARNI☆チェック ウールブレンドセーター

図2

【Maison Margiela】 スニーカー 送料込み★22春夏【21AW】Balmain WH0OB000B152 PRINT RIBBED Trousers【PRADA】☆直営店☆ Re-ナイロン ギャバジン ネクタイ20 FW Supreme × RefrigiWear Beanie Week15マルジェラ ナンバー リング 指輪 メンズDEARMINE★韓国大人気/Two-Tuck Robe Wide Slacks スラックスメランジュ カシミヤ セーター【トラヴィスマシュー】URAKE HOODIE 7AF040 スウェットパーカ
新作!!VALENTINO Rockrunnerスニーカー
【Maison Margiela】ボーイフレンドデニム
●MAISON MARGIELA● 二つ折り財布
【ADERERROR】◆キャップ◆3-7日で届け/関税・送料込
Maison Margiela(メゾンマルジェラ)☆ロゴ刻印 リング ゴールド
【入手困難!早い者勝ち♪】HERMES カードケース《カルヴィ》
秋冬☆ FENDI ☆ ロゴ ジップ パーカー ☆ ベージュ×ホワイト
【G/FORE】WOMEN'S FLORAL PRINT A-LINE スコート
【すぐ届く!オトナ上品さ溢れる♪】ルイヴィトン ローファー☆JABADABADO☆ NEW! とっても可愛いスタッキングタワー♪Heron Preston☆プリントパーカー【Saint Laurent】レザー カードケース サンローランヴェルサーチ VERSACE メドゥーサ レザー ベルト●●韓国雑貨●●自作メッセージ入 LEDライト タンポポ 10.6cm♪大人気 AAPE x TOMMY HILFIGER 大注目コラボ*ロゴ ニット帽【手元在庫・送料込み】新品 トムフォード TF5142 FT5142 001
ルイヴィトン スニーカー バンダナ ショー アップ ライン ブルー
【サメ家族】韓国★歌って踊るぬいぐるみ【ピンクポン】
大人気★DIESEL ディーゼル S-UMMERIB-E2 パーカー ホワイト
メゾンマルジェラ ロゴ タブ リフレクティブ レザー ウォレット
ヴェルサーチ VERSACE ロゴ バックル レザー ベルト
ダッフィーのスウィート・ドリームス 毛布 TDS
Patagonia / ビーニーキャップ
SAINT LAURENT サンローラン SL 486 002 サングラス SL486

図3

図4



■ 「夏の魔物、秋の日はつるべ落とし」(さうして、このごろ2021年9月版)

気分転換がてらスーパーまで買い物に行ってこようと自転車置き場に行ってみたら、私の自転車にトンボが停まっていて、こりゃシャッターチャンス、とスマホを掲げたが、近づく前に逃げられてしまった。

Retinal waveの研究について考えてみたのだけど、もし人間でもこんな活動パターンが出ていたとするならば、赤ちゃんはお腹の中で毎日閃輝暗点みたいなのを経験していたのかもしれない。わたしはもう歳をとったので、そのころの記憶がないからわからないけど。

ある朝、居室に行ったら、小さな「夏の魔物」が盛大にお店を開いていた。こんなのはじめて。そういうわけで、「殺してしまえばいいとも思ったけれど」とかいいつつモタモタしてたら、エアコンの吹出口から逃げられた。いったいどこから入ってきたのかと思ったが、そこか。


骨伝導ヘッドセットはずっと興味あったけど、ネットで調べてもちょっと使ってみた的な記事しかなかったので躊躇してた。でも本しゃぶりブログの人が1年間使ってみたという記事を書いたのを読んで、即ヨドバシカメラまで行って買ってきた。AfterShokzのOpenMove。

そしたら1日でもうこれは手放せないとわかった。自分は仕事中に音楽聴かない人間なので、岡崎在住時は職場との行き帰りと車の移動で音楽を聴いてた。でも札幌に引っ越して車がなくなったので、ほとんど音楽を聴く機会がなくなった。でもOpenMove買ったらジョギングから買い物までずっと付けっぱなし。

音は普通のイヤホンよりも良くないけど、外で環境音を聞きながらでは音質を求める必要がなかった。音漏れは思ったより少ない。高音がシャカシャカいうので電車では使えないが、信号待ちで隣の人に電波ソングが丸聞こえになったりはしない。あと、耳をふさがないというのは実に快適。いい買い物だった。

骨伝導する位置はすぐわかった。ひとつ気がついたけど、マウスのクリック音のようなカツカした音はこめかみにビシビシくる。響く音と響かない音があるらしい。低音は響くだけで音としては聞こえてこないので、イコライザーとかでカットしてしまったほうがよさそうだが、そこまで手間はかけてない。


懸垂式モノレールに乗って車道の上を走り、最後は離脱して終着駅につく記憶があったので、湘南モノレールかなと思って動画見てみたらなんか違う。

いろいろ調べたがわからない。懸垂式なので、該当するものは湘南モノレールしかなさそうだ。

自分のツイートを検索したら、そもそも自分は湘南モノレールに乗ったことはないと書いてあった。昔家族と鎌倉に行ったときに乗ったつもりでいた。でもそれは勘違いで、このツイートをしたときにストビューで下の道路を追跡しただけだったようだ。そんなことありうる? 自分の記憶が信じられなくなった。


9月も後半になったら、18時にはもうすっかり空が真っ暗だ。緯度と経度の違いだろうかと調べてみたら、札幌の日の入りは17:27で、岡崎は17:45。いうほど違ってないな。地域差よりはむしろ夏から秋にかけての変化を実感しているらしい。「秋の日はつるべ落とし」だ。

調べてみたら、簡単ではないということがわかった。「日の入時刻地図」を見て初めて知ったのだけど、日の入りの時刻って経線と平行でないのだな。当たり前かもしれないのだけど、夏至と冬至の傾き方が「日の出時刻地図」と「日の出時刻地図」で反転しているのを見てわからなくなった。

さっきのPDFとか、こちらのページとか見て、アナレンマを書くと9月終わりには正午の段階ですでに太陽が10度西に傾いているとか、均時差の概念とか、いろいろ理解しなければならないことがあることを知った。さっきのpdf見ながら三角関数をいじればよさそうだ。


■ DKL色空間の図

必要になったので、ひさびさにDKL空間の図を作ってみた。RGB 8ビット*3の立方体からの変換なので平行六面体になる。それは3Dプロットしてみるとよくわかる。


といいつつ計算にハマった。あーわかった、rgbの立方体の12辺上の点だけぜんぶ3Dプロットして、ぐるぐる回してやればいいのか。明日やる。


さっそくやってみた。ちゃんと平行六面体になった(図1)。図2はS-Lumを潰した射影、図3はL-Mを潰した射影、図4はL+Mを潰した射影。図4が正6角形になったのはそれぞれの軸を-1~1に収めるように標準化したから。Red-CyanやBlue-YellowがDKL空間の軸からずれているのが確認できて納得いった。

図1

図2

図3

図4



お勧めエントリ


月別過去ログ

MARNI☆チェック ウールブレンドセーター

MARNI☆チェック ウールブレンドセーター:専門家による綿密な購入アドバイスから、各顧客に合わせた個人的なアフターケアまで、 新作多数,【正規取扱店】,88%以上節約MARNI☆チェック ウールブレンドセーター